羽毛布団はリフォームすべきか?

スポンサードリンク

羽毛布団のリフォームについて

羽毛布団のリフォームについて、どうすべきかというのを考えたことはありますか?

 

保温力の優れた羽毛布団は、高価でもあるので長く使いたいですね。

 

そのためには、適切な時期にリフォームすることが必要です。

 

しかし、安易にリフォームすると寝心地が悪くなったり、羽毛布団の機能を低下させる可能性があります。

 

今回は、羽毛布団のリフォームについてお伝えします。

羽毛布団をリフォームする時期(目安と見分けるポイント)

羽毛布団をリフォームする時期の目安と見分けるポイントについてお伝えしましょう。

 

一般的に、羽毛布団の寿命は15〜20年とされています。

 

これは、羽毛布団の中に充填されているダウンボールやスモールフェザーのの寿命と考えられます。

 

したがって、15〜20年使い続けた羽毛布団は、リフォームには向かないといえます。

 

羽毛布団を5〜7年以上使っている場合は、リフォームを考えてもよいと思います。

 

ただし、羽毛布団の状態によってはリフォーム料金が高くなり、新しく買い替えるほうがお得になる場合もあります。

 

羽毛布団をリフォームする目安となるポイント

 

  • 側生地が汚れている(中のダウンも汚れている可能性がある)
  • 側生地の破損(ダウンが飛び出してしまう)
  • 膨らみ方が弱くなった(中のダウンの汚れやヘタリがある)
  • 一部のキルトのブロックが膨らまない(その部分のダウンの汚れやヘタリがある)

羽毛布団をリフォームする際の業者の選び方と注意点

羽毛布団のリフォームは、ネットからの注文でも出来ます。

 

しかし、依頼した業者が、羽毛布団をどのようにリフォームするかを明らかにしていない場があります。

 

リフォームの価格だけでリフォーム業者を選ぶと、仕上がり後に後悔する可能性もあります。

 

羽毛布団をリフォームする際の業者の選び方

 

羽毛布団を購入した店に相談する

 

羽毛布団を購入したのが寝具や布団の専門店ならば、その店に相談してみましょう。

 

信頼できるリフォーム業者を紹介してくれると思います。

 

日本羽毛製品協同組合の認定するリフォーム業者にする

 

日本羽毛製品協同組合のホームページでは、羽毛布団のリフォーム認定工場を掲載しています。

 

指定工場なら、リフォームをお願いするのも安心です。

 

どのように羽毛布団をリフォームするか明らかにした業者を選ぶ

 

  • 側生地の素材や織り方
  • キルティングの方法
  • 羽毛布団やダウンの洗浄方法
  • どのくらいのダウンパワーのダウンを足し毛するか
  • 足し毛のダウンとスモールフェザーの割合
  • サイズ変更はできるか
  • ダウンボールの状態によりリフォームできないこと

 

これらの項目を明記している業者を選べば、仕上がりが想像以上に悪いということが避けられるでしょう。

 

羽毛布団は使う人の体質によって、ダメージの度合いが変わります。

 

羽毛布団の状態を見て、信頼のおける業者にリフォームしてもらいましょう。

スポンサードリンク

page top