羽毛布団のケア方法

スポンサードリンク

羽毛布団のケア方法について

羽毛布団は、睡眠中に吸収した汗や湿気などを適切に取り除くことで機能性を長く保つことができ、羽毛布団自体の持ちも良くなります。

 

羽毛布団のお手入れは、月に1〜2回の頻度を目安に「日干し」することがおすすめです。

 

もちろん、干す時間も重要です。

 

基本的に午前中と夕方は湿気が多いので、午前10時頃〜午後3時頃に干し、片面を1時間ぐらいで両面干しましょう。

 

また、雨の日の翌日も湿気がまだ残っていることがありますので、
いくら晴れている日でも、雨天の翌日は控えることがいいと思います。

 

言うまでもありませんが、環境や状況に応じて干すタイミングを見極めてください。

 

また、羽毛布団を干す際は、強く叩いてしまうとダウンや側生地を傷める原因になります。

 

ですので、羽毛布団の表面のホコリを取るぐらいの感覚で、軽く叩く程度にしておきましょう。

羽毛布団をお手入れした後のしまい方

羽毛布団を手入れをした後にしまう時は、まず「縫い目」のゴミなどをしっかりと取り除き、
熱気が冷めたことを確認します。

 

その後は、購入時に入っていたケースがあればそれに入れ、ない場合は通気性の良いケースに収納します。

 

湿気がたまりやすいビニール袋などの「通気性の悪いケース」は避けてください。

 

せっかくお手入れした羽毛布団が台無しになってしまいますからね。

 

また、防虫剤を入れる際も「使用上の注意」を必ず確認をして使用してください。

 

なるべく、匂いの強くないものをおすすめします。

 

押入れなどにしまう時は、押入れの通気性も確保してあげてください。

 

羽毛布団のしまう場合は少なくとも数か月間はそのままの状態ですので、保管する環境を整えることも大切です。

スポンサードリンク

関連ページ

しまい方
羽毛布団のしまい方について悩むケースは多いでしょう。羽毛布団は、キチンとしたしまい方を行えば長く快適に使用できます。ここでは羽毛布団のしまい方について書いて行きます。
カビ
羽毛布団のお手入れを行う際、カビの対策についてはしっかりと行う必要があります。ここでは羽毛布団に付着するカビのお手入れについて書いて行きます。
湿気
羽毛布団のお手入れを行う際、湿気についてはしっかりと対処する必要があります。ここでは羽毛布団と湿気の関係について書いて行きます。
黄ばみ
羽毛布団のお手入れを行う際、黄ばみについてもしっかりと対処する必要があります。ここでは羽毛布団と黄ばみの関係について書いて行きます。
ダニ対策
羽毛布団のお手入れを行う際、ダニについてもしっかりと対処する必要があります。ここでは羽毛布団とダニの関係について書いて行きます。
羽毛布団が雨に濡れたらどうしたら良いのでしょうか?ここでは羽毛布団が雨に濡れた時の対処法についてご説明します。
襟元の汚れ
羽毛布団の襟元の汚れって気になりませんか?ここでは羽毛布団の襟元の汚れについて原因や対策をご説明します。
血液のシミ
羽毛布団に血液のシミがついたらどうしたら良いのでしょうか?ここでは羽毛布団についた血液のシミについての対策をご説明します。
陰干し
羽毛布団は陰干しが良いという話は良く聞きますが本当なのでしょうか?ここでは羽毛布団の陰干しについてご説明します。
掃除機のかけ方
羽毛布団の掃除機のかけ方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここでは羽毛布団の掃除機のかけ方についてご説明します。
リフォーム
羽毛布団のリフォームについてどうすべきかというのを考えたことはありますか?ここでは羽毛布団のリフォームについてご説明します。
羽毛布団に虫がついてる!と大騒ぎされる方がいらっしゃいます。ここでは羽毛布団につく虫についてご説明します。