羽毛布団の選び方 側生地

スポンサードリンク

羽毛布団の側生地の選び方について

羽毛布団を選ぶ際に、中の「羽毛の量」「品質」はもちろん大事です。

 

ところが、せっかく良い質の中身を選んでも、それを覆う「側生地」が悪い
とガッカリすることにつながります。

 

羽毛布団の持ちやメンテナンスの仕方なども大きく変わってきますので、
側生地もしっかりと選びましょう。

 

まず、側生地でおすすめなのは「綿100%」「新長綿100%」です。

 

この2つなら、汗の吸湿性に優れ、天然素材なので肌触りがよく体にフィット
してくれます。

 

価格が安価な羽毛布団で、ポリエステルなどの化学繊維を使った側生地
がありますが、個人的にはあまりおススメしません。

 

なぜなら、こちらは静電気が起きやすく、生地がごわごわするので、シャカ
シャカと音がして睡眠の妨げになるので、使い勝手が悪いからです。

 

また、側生地は「生地の織り方」や「糸の太さ」によっても風合いや肌触り
が変わります。

側生地の織り方による羽毛布団の選び方 糸の太さの違い

羽毛布団の側生地の織り方は大きく分けて、サテン平織りツイル
3つに分けられます。

 

一般的に、羽毛布団の側生地として多く使用されるのは「サテン」です。

 

サテンは、ブラウスなど衣類にも使われる織り方なので、肌触りがとても
良い
とされています。

 

羽毛布団の側生地は織り方だけではなく、糸の太さも肌触りを左右
します。

 

糸の太さのことを、「番手」と呼びます。

 

20番手、60番手、80番手と、数字が大きいほど細い糸という意味
です。

 

細い糸で織られる側生地は、しなやかで柔らかい肌触りの側生地に
なります。

 

このように羽毛布団は側生地によってもいろいろと種類がありますので、
選ぶ上で注目してみてください。

スポンサードリンク

関連ページ

グースとダック
羽毛布団の選び方の一つとしてグースかダックか?ということが挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安としてグースとダックについてご説明します。
ダウンパワー
羽毛布団の選び方の一つとしてダウンパワーが挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安としてダウンパワーについてご説明します。
サイズ
羽毛布団の選び方の一つとして用途に合わせたサイズが挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安としてサイズについてご説明します。
ラベル
羽毛布団の選び方の一つとしてラベルが挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安としてラベルについてご説明します。
キルト
羽毛布団の選び方の一つとしてキルトが挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安としてキルトについてご説明します。
羽毛の産地
羽毛布団の選び方の一つとして羽毛の産地が挙げられます。ここでは羽毛布団の選び方の目安として羽毛の産地についてご説明します。
耐用年数(寿命)
羽毛布団の耐用年数(寿命)はどれくらいあるのでしょうか?ここでは羽毛布団の耐用年数(寿命)についてご説明します。
鳥の種類
羽毛布団に使われる鳥の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは羽毛布団の鳥の種類についてご説明します。
通気性
羽毛布団を選ぶ際に通気性はとても大切な要素であることをご存知でしょうか?ここでは羽毛布団の通気性についてご説明します。
メリットとデメリット
羽毛布団には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?ここでは羽毛布団のメリット・デメリットについてご説明します。
ゴールドラベルの種類
羽毛布団のゴールドラベルにはどんな種類があるのでしょうか?ここでは羽毛布団のゴールドラベルの種類についてご説明します。